読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミック満足度

最近の漫画ってホント面白い。特にちょいエロ系ににハマってます。

すてき!まんがこっちの漫画で幼馴染みのジャンルは心躍るがふんだんにある

考えてみると漫画ってオッサンだけかもしれないけれど男だって悩み込んでいたりなんとか感動したりしたいなあと読んだりする人が多かったりと本屋さんとかにも駆け込んで小さい画面に自信をもちたいと思っていたりする人が結構いるような気がします。

漫画の読書方法として真剣に思い詰めている割には周辺にははっきりとは言えませんので語ることができないっていった方々がきっと多かったりするのではないかと無きにしも非ずという感があると思います。

ちょっと考えてみると漫画ってどんなものがあるかと一例で考えてみると手元にあるスマホとかその他タブレット機等でデジタル流のやり方しか分からない人って多かったりするのでは思ったりしております。

かなり有名な漫画の読書方法の一つとしてはパソコン等を利用して漫画を読書して扱う方策も聞いたらまま多くいたりすることにそうなのかって驚くことも、内実はあったりねと思います。

電子コミック、例えばネットを中心にしたコミなびとか誰でもちょっと考えてみたらわかるところでもふっと見たら電子コミックのありかが見えてそれを無料立ち読みとして出来て使って出来るなんて凄いですね。

自身の趣味や作者(著者)やイラストなどなど確かに気になってしまいますが、いざタブレットとかで、読書すると、変になってしまってその読書方法について悩ましげになること実際、なんとも多いような気がします。

趣味や 絵の好き嫌いなどは読書を続けると、結局、終わってから結局、反省してしまうこと。なぜならというと、ヌいてしまった後は、かえって、更に気持ちよいなあという状況に陥るのではとといったことでは?

どうしても、抑えられない趣味や作者(著者)やイラスト等のあまり人に見せない自分だけのモノですので、可能ならば、なるべくお金の負担なく自分だけで、こっそりと読書を続けようと思うってことは、実際のところは、なんとも多いような気がします。

オッサンの皆さん一般には、一般には、本屋さんやサイトへ行くのは、月3〜4回が普通ではと思いますが、そこから察しますと、人の漫画を読む周期というのは、一般的に考えて同じくらいくらいかなと思われるのでしょうか?

人のスマホ漫画については、不思議なことのひとつとしては、小さい画面のスマホ漫画や、タブレットやPC電子コミック、その抑えられない自分だけのモノにより、そのリアルの紙の本にない便利さ等、相違があったりすることですが、その要因といったものには、場所をとらない(持ち運びが容易)ことが関係何とも多いような気が致します。